SteamGo スチームクリーナー ハンディタイプで、5分で終わる時短衣類のシワ取り

いろいろな使い方ができるハンディタイプのスチームクリーナーですが、今回はアイロン代わりに使う方法をご紹介します。

今回使うアクセサリは、上記の3つ。「衣類用スチーマー」、「衣類用スチーマー専用キャップ」、「衣類用ブラシ」です。

まずは、スチームクリーナーに水を入れて、アタッチメントを取り付け、スイッチを入れましょう。

先程のアタッチメントを取り付け状態。

今回テストに使ったYシャツ。綿素材の物で、見ての通りしわくちゃの状態です。スチームをかけるのに、アイロン台を使ってもいいですが、時短が目的なので、ハンガーにかけた状態でスチームをかけていきます。

アタッチメントを取り付け状態で、スチームをかけていきます。ここまでの所要時間は、約1分程度です。

わかりやすくするために、左側だけにスチームをかけた状態を撮影しました。しっかりとシワが取れているのがわかると思います。

袖にも同様にスチームをかけていきます。袖の部分は、ハンガーにかけた状態で行うには少しなれが必要かもしれません。

前身頃、後身頃、袖にスチームをかけた状態です。ハンガーを簡易的にかけているので、後ろの障害物のせいで襟の横ラインにシワが出来ているように見えますが、実際にはシワは取れている状態です。

ここまでで、約5分程度の時間がかかりました。アイロン台を使って行うともっときれいに出来ると思いますが、朝の忙しい時間帯に手軽にシワをとるのに使ってみてはいかがでしょうか。

Marketing

シェアする