年末の大掃除シーズンが到来しました!

2019年も残りわずかになりましたね。そろそろ大掃除を始めているご家庭もあると思います。

ご自宅の大掃除で念入りにキレイにしたい場所のひとつに、「窓」があると思います。

内側には指紋や埃。外側には雨シミやウロコ。レールには砂埃。そこで、これらの汚れを1台で掃除できるのが、コレです。

スチームゴー ハンディタイプ

スチームゴー ハンディタイプ(延長ホース+スクレーパー)

スチームゴー ハンディタイプのアタッチメントは豊富にありますが、窓ガラスには「延長ホース」と「スクレーパー」を使います。

高温のスチームで汚れを浮かし、窓に付いた水滴をスクレーパーで落としていくだけなので、「窓ガラスを濡らす」「汚れを落とす」という動作が一度にできてしまいます。

汚れが固まって落ちにくい箇所などは、スチームを少し多めに当て、蒸らすようにすると落としやすくなります。

窓ガラス2枚、表裏で4面を掃除して、ちょうどタンクの水が空になりました。必要最低限の水で掃除をするので、窓の周りが水浸しになることもありません。

次は、窓のレールです。前回掃除したのがいつだったか覚えていませんが、とても汚いです・・・。

「噴射ノズル」で汚れを浮かせていきます。場所によって「延長ホース」と「ブラシヘッド 」を使うか、使い古しの歯ブラシなどで擦ると効率的に掃除ができます。

あとはボロ布で拭くだけで・・・

キレイになりました!

今回は窓周辺の掃除でしたが、まだまだキレイにしたい場所はたくさんあるので「スチームゴー ハンディタイプ」の出番は続きそうです。

最後になりますが・・・、

※ 網戸には使用しないでください。高温のスチームにより網戸が変形したり、破損する恐れがあります。

それでは、楽しい「スチームゴー」生活を!

Marketing

シェアする